パキノ

記事一覧(7)

年内のオーダー・出店は終了致しました。

気ままに書いていきます、と書いていますが、気まますぎて更新しておりませんでした。来年もこの調子だと思うので、本当に気が向いたときにこのブログに遊びに来てくださいませ。パキノは、年内のオーダー・出店は終了致しました。6月から始まったパキノ。イベント出店と個人オーダーだけでの営業という方法で、大丈夫なのかと最初はとても不安でしたが、愛情溢れた皆様のおかげで忙しくさせて頂きました。勿論至らない部分も多々あり、皆様にご迷惑をおかけした事もあると思います。しかし、パンやスコーンをお買い求めくださる親愛なるパキノファンの皆様、貴重な有機小麦をご提供してくださっている業者様(西日本では、この有機小麦粉の取り扱いはパキノだけらしいです)、天塩をかけた原材料をご提供してくださっている皆々様、素敵な素敵なデザインをしてくれている友人等々、皆様の支えがあったからこそ12月末まで稼働することができました。 惣菜パンはなく、主に食事パンを作ってまいりましたが、こっち(島根県浜田市とその周辺)は新鮮な素材が沢山あり、料理上手な方々が多い。なのでパキノは家でおかずに合わせて食べて頂けるように食事パンのみにしました。特に多くの方にホップ種の食パンを気に入ってくださり、皆様の食卓にパキノのパンがある事を想像するだけで感謝が込み上げてきます。心よりありがとうございます。来年はおいしいバゲットも焼きたいとは思っております。納得する味ができ次第、リリースしたいと思います。頑張ります。。。。。来年は3月から開始予定と間が空いてしまいますが、来年もパキノをどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお迎えくださいませ。

工房稼働して・・・

工房稼働して1か月。早速、大雨特別警報という洗礼を受けました。島根県浜田市金城町波佐は、今回の大雨でニュースに何回も取り上げられた地域です。夜中に災害情報のアプリが発動し、このエリアが避難勧告を受けたのが夜中の1時。このエリアには住んでいない私は、行くこともできず。工房も心配だけど、住民の皆様は大丈夫なのか、上に住んでいるおばあちゃんは、裏口がもう山なので、石の坂道を滑らずに無事に避難できているのか、氾濫していないのか。。。ニュースでは土砂崩れ、道路がえぐれ、孤立している家があり、ヘリコプターで救出。もうただただニュースを見るしかできない私。夕方に避難も大雨警報も解除され、次の日行くと、川がきれいになってました。草が全部流されていました。土砂と草で、田んぼに流れる水路が詰まっており、それを地域の方が掃除しておられました。昭和58年に大水害を受けている波佐。その時の被害は凄まじいものだったそう。なので、今回はこれで済んでよかったと話されておられました。まだまだ油断はできません。福岡は今回の島根よりもっとひどい被害です。人間というのは、自然には勝てないと、自然災害の度に思います。穏やかな大地に、心より感謝して生きていきたいものです。ということで(?)、パキノスコーンを置いて下さるお店が増えました。『菅壱織髪(スガ イチオリ カミ)』さんです。美容室です。パキノは、飲食店以外を狙っているわけではありませんが・・・とても有難いことです。暖かい人たちにも、心より感謝して生きていたいものです。いつもありがとうございます。パキノ